スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『背教者ユリアヌス』

辻邦生著『背教者ユリアヌス』を読んだ。あまりに期待し過ぎていたせいか、ちょっと期待外れであった。というより、小生が勝手に描いていた伝記小説とはだいぶん趣が違っていた。

この小説、というより物語と言いたいが、これは何よりも文体に特色があって、読んでいる途中で、ふっと、作者はホメロスを目指していると感じた。それは、言い回しだけではなく、主人公のローマ皇帝をして古代ギリシャへの憧憬の権化と描いているからだ。

彼は生まれつき詩人の魂をもち、人間と自然に対して鋭敏な感性の人であり、いつしか古典文学や哲学に傾倒していった。そんな彼が、不幸にして皇帝になるべき血筋の人であったのだ。

彼が生まれた4世紀のローマ宮廷は、コンスタンティヌス大帝亡きあと、百鬼夜行の巷であり、疑心暗鬼から肉親相殺し合うといった状況であった。ユリアヌス自身も幼いころから、隔離されていて、自分もいつか殺されるという不安を生きていた。

ちょうど鎌倉三代将軍、源実朝とよく似ている。実朝も生まれながらの詩人であり、まったく非政治的な、生まれたばかりの小鳥のような純粋な魂が、自分もまた殺される運命にあると知りつつ、将軍にならされざるをえなかった人であった。『金塊和歌集』に散りばめられた美は、それを読む人から見れば、いわば実存的な悲しみにあふれている。

よく似た星の下に生まれたユリアヌスは、しかしリアリスティックに生きなければならないことに気付く。それはローマ皇帝として戦うべき敵が眼前にあったからだ。一つはローマを脅かすガリア周辺の部族と東方のペルシャである。これに対しては、どうしても武力を必要とする。

ユリアヌスは言う、「ローマの寛容とは、ただ敵や異民族を放置して、その無制限な横暴を見て見ぬふりをすることではない。もしこの寛容の背後に寛容をもたらした精神の火が燃えていないのなら、それは無責任の傍観にも等しい。」

もう一つの敵は、キリスト教である。コンスタンティヌス大帝のキリスト教公認以来、ローマの権力中枢にキリスト教の手垢が付き始めていた。ユリアヌスは、彼らの非寛容、出世欲、冷血、欺瞞の渦巻く空気の中で育った。彼はどうしてもキリスト教徒が好きになれなかった。

「私に言わせれば、ガリラヤの連中の愛しているのは神じゃない、自分なのだ、自分だけなのだ。自分が救われたいのだ。自分が救われれば、ローマなどはどうでもいいのだ。ローマの秩序も制度も道路も水道も・・・」

ユリアヌスは、その反動として、いにしえのローマの神々の世界を、自然そのものが神の息吹であるような世界への信仰を深める。作者辻邦生は、何度も何度も、それを叙事詩として描いている。

辻邦生は、この作品において、主人公をとおして、人間を信じようとしている。それはどういうことかというと、人間を好いものだと見ようと意思している。それはまたどういうことかというと、人間は教義以上のものだということである。

世には、真実在だの、善いことだの、人生の奥義だのについて言われた、あるいは書かれたものが数多あるであろう。しかし、人間は、それ以上の者である、と作者は言っているように見える。

この本には、自然の描写がやたらに多い。繰り返し言葉を換えて、例えば、コンスタンティノーブル(いまのイスタンブール)の王宮から見える景色、北風の香、その暖かさや冷たさ、眼下のボスポラス海峡のさざ波や逆巻く波、木々や雲の変化など。これらは、みな神々の恵みなのだ。そして人間も。古のローマの神々の恵みなのだ。

ユリアヌスのリアリズムは、ローマという理念があってこそなのである。


  

  にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史 - ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

うたのすけ

Author:うたのすけ
世の中の人は何とも岩清水
澄み濁るをば神ぞ知るらん

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。