スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遣隋使派遣

隋の出現は589年だけれど、この大国の出現は大陸はもちろん朝鮮半島をいたく刺激することとなった。ただでさえ、高句麗、新羅、百済の三国は戦々恐々としてスパイ合戦を延々とし続けているなかで、その影響は日本にも及ぼされる。日本の軍事力を当にしていろいろな貢物やスパイが入って来る。

半島から経典や高僧(高句麗からは慧慈、百済からは慧聡)そして技術者。金銀、珍しい動物まで、どんどん入って来る。おかげで、日本最初のお寺・法興寺を建てることができたし、また国産第一号の仏像(鞍作鳥作)を創って、そこへ納めることができた。

この文化イコール仏教という日本の情況の中で、聖徳太子は朝鮮半島よりも隋に目を向ける。政治的な意味合いももちろんあったであろうが、むしろさらなる仏教を取り入れようとしたためである。

太子は、隋は素晴らしい仏教国である、先代の皇帝(文帝)は転輪聖王と自称していたし、その息子さんの煬帝もよくできた人物で、若いころは天台智義顗と親交があったとも聞いている。この皇帝から直接仏教、そして理想的な政治をも学ぼう、との野心に燃える。推古十五年(607)、聖徳太子は小野妹子らを隋に派遣する。このとき持たせた国書について、有名な『隋書倭国伝』にはこうある。

 大業三年(607)、その王タリシヒコ使を遣わして朝貢す。使者曰く「海西の菩薩天使、重ねて仏法を興すと聞く。故に朝拝を遣わし、併せて沙門数十人、来りて仏法を学ぶ」と。その国書に曰く「日出づるところの天子、書を日没むところの天子におくる、つつがなきや云々」と。帝これをみて悦ばず。鴻臚卿(コウロケイ)に謂ひて曰く「蛮夷の書、礼無きものあり。また以て聞こゆことなかれ」と。

 周知の通り、じつは隋の煬帝はそんな理想的な皇帝ではなかった。十年も経たぬうちに、高句麗に対して、個人的恨みからとでもいうような、大義のない、そしてとても大規模な、そのうえ実に下手な戦争をしかけて国を滅ぼしてしまった。そんな皇帝であった。

 だから、妹子から手渡された国書を読んで煬帝はこう思ったであろう。この倭という東の国の王はどういう奴だ、本気で仏教的理想を政治に生かせるとでも思っているのか。お目出たい奴だ。野蛮人のくせして、この俺に対して、日出づる所の天子、日没する所の天子に送るとは、どういうつもりだ、礼儀知らずというか、田舎者というか、純朴を通り過ぎて馬鹿じゃないの?

 梅原猛氏は、聖徳太子を平凡な百姓娘を貴婦人と思いこんで遇したドンキホーテになぞらえて曰く、太子のような高邁な理想に捉えられた人はれわれ凡人にくらべてとても騙され易いところがあると。

 周りの国が、隋に対して、臣下の礼をもって表(ふみ)を差し出すのに、太子は対等の関係を表す国書を出したものだから、隋は怒る。しかし太子はもちろん分かっていてやったと思う。われわれはこの様な国であって、これから貴国にいろいろ学ばせてもらいたい、と正々堂々と胸を張って言っている。この生一本が太子らしい。

 きっとむこうに着いた小野妹子はいろいろ苦労したのだろう。それでも、なんとか上手くやりおおせて、帰国するときは、答礼使の裴世清(はいせいせい)らを伴ってくる。隋としても、せっかくだから日本の情況を、そしてまた日本から朝鮮半島の情況を探りたいと考えたことであろう。

 ところで、この帰国は百済経由だったのだが、途中で大変なことが起こった。百済に滞在中、皇帝からの返書が、たぶん百済人によって盗まれてしまったのだ。小野妹子はものすごく困ったであろう。帰国して、危うく処刑されるところを推古天皇は、隋の使者らにこんなことを聴かれても困るといって、そっと妹子を許した。

この『日本書紀』に書かれている話は、事実ではないのではないかと、多くの学者は疑った。妹子にとって何よりも大事な国書が盗まれるなんてありえない、あるいはあまりにも無礼な内容であったので妹子が一人処理したのではないか、などと憶測する人もいる。

 しかし、百済はもっとも弱く、だからこそ諜報活動は徹底的していた。しかも、当時の東アジアの非常な緊張状態においては、国書盗難はおおいにありうるのではなかろうか。強大な隋と日本に何か好からぬ密約があったのではないか、と半島諸国がやきもきするのはよく解る。

むしろそれから百年後に書かれた『日本書紀』に、わざわざそのような嘘を書かねばならない理由の方が考えにくい。どうも、国書盗難の話は本当のことのように感じられる。

それにしても、朝鮮の人は日本からこそこそと大事な物を盗むが、それ民族的習慣なのだろうか。その後しばらくして、熱田神宮から民族の宝である〈草薙の剣〉を新羅の僧が盗んで日本から脱出しようとしたが、幸い剣の霊力でそれを阻止できた話がある。

 それから、新しい所では、昨年韓国人が日本のお寺の大事な仏像を二体盗んだのが発覚した、日本は返してくれと言っているが、どうなっているのか。これは、百済人のこの国書盗難事件と同じく、官民一体の策略のように思われる。


  

  にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

うたのすけ

Author:うたのすけ
世の中の人は何とも岩清水
澄み濁るをば神ぞ知るらん

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。