スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仏像来入

キリスト像が描き始められたのと同じころ、仏像が造り始められた。パキスタン北部のガンダーラ地方においてである。その昔ギリシャのアレキサンダー大王の東征がこの地まで及んだ。その後ここで生き続けたギリシャ文化とインド発の仏教信仰の波とが出会った。

 それまでは仏教の信者たちは、仏陀を直接表すことができなかった。代わりに、ストゥーパ(塔)、菩提樹、仏足跡などで表していたようだ。他方、ギリシャ人は目に見えるものしか信じなかった民族だ。彼らにとって神々も人も美しく表現されるべきものだった。

 仏教の信仰とギリシャの眼との幸運な出会いによって、夥しい数のガンダーラ仏が生まれた。顔はやはり現地(パキスタン)の人たちの顔つきであるが、わずかに下がった瞼の下の目は永遠の静謐を湛えている。肩から流れる衣紋はギリシャ彫刻の女神のそれからきたともいわれ、束髪は仏陀の叡知のシンボルとも言われる。

 この仏像と僧侶たちは、人間の欲望の象徴である諸々の商品に伴って、シルクロードを東へ東へと流れて行った。仏教信仰は、仏像のもつ視覚的威力によって言語的障壁を乗り越え、アジア全域に広がっていった。

 多数の仏教書が漢訳されて東アジアに伝わったように、仏像もその地の似姿で作り変えられていった。そして日本に百済から初めて仏像がもたらされたのが、欽明天皇の御代538年あるいは552年であった。

 『日本書紀』には、欽明天皇は、仏法の素晴らしさをお聴きになって大喜びされていわく、「西のとなりの国(百済)がくださった仏像の姿はじつに端正だ。未だかつて見たことがない。われらも崇拝すべきであろう」と。

 それに応えて、蘇我稲目いわく「その通りです。世界の国々は礼拝しています。わが国も遅れてはなりません」。それにたいして、物部尾輿(おこし)たちいわく「いやいやわが国には従来からわが国の神々がおります。いま外国からやってきた神を礼拝するようになるとわが国の神が怒りましょう」と反対する。

 その後、疫病など祟りがあったりして、紆余曲折するが、587年ついに廃仏派の物部守屋陣営と崇仏派の蘇我馬子陣営との戦闘が起こる。このとき馬子軍に参加していた聖徳太子は、白膠木(ぬりで)を切って四天王の像を作り、「もしわれらを勝たしてくれましたなら、必ず四天王のために寺を建てます」と誓った。その御蔭もあってか、馬子軍が勝利する。

 この記事を信じれば、二つのことが分かる。一つは、もうこの頃には、日本人が木を切って四天王を作ることができるほど、仏像や工人が朝鮮半島から来て定着していた、ということである。

それからまた、太子ほどの人でも、初めは仏教信仰は、仏陀の解脱などとは遠く、やはり現世利益を求めた、この場合、戦争に勝たせてほしいと願った、ということである。あらためて思うに、いかなる宗教の発生も現世的な欲望というか、欠乏の不安からである。それはどうしても祈りの形式をともなう。

これ以後、馬子は尼僧を百済に留学させたり、法興寺建立を始めたり、精力的に仏教振興にはげんだ。

 593年、推古天皇即位。聖徳太子は摂政になるや、ただちに四天王寺を建てた。596年、法興寺竣工。しかし、不思議なことに、この寺の金堂に納めるべき仏像については、この時点での記載はない。

 605年、推古天皇は、鞍作鳥に命じて銅の仏像を造らせ、翌年完成する。これが国産初の本格的仏像のようだ。そして、これを法興寺金堂に納めようとするが、ちょっと変なことが起こる。

 「丈六の銅の像を元興寺(法興寺)の金堂に坐せしむ。時に仏像、金堂の戸より高くして、堂に納れまつることを得ず。ここに、諸の工人等、議りて曰く、『堂の戸を破ちて納れむ』といふ。然るに鞍作りの鳥の秀れたる工なること、戸を壊たずして堂に入るるこを得。」(『日本書紀』推古13年、605年)

 寺が建って9年もしてから、そのための仏像を造れっていうのもなんだし、なかなか上手く入らなかったというのも変だな。まあ、それはおいといて、この仏像は、どんなお顔をしているのだろう、どんなお姿なんだろう、と想像していたが、この仏像は法興寺(今は飛鳥寺という)のいわゆる飛鳥大仏であるとのことだ。

 ネットで沢山の画像を見ることができる。北魏の様式だとかなんとか専門家の説明もある。しかし、ただじっと眺めてみよう。これが1400年前の日本人がもっとも崇拝した姿なのだ。

飛鳥大仏


  

  にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

うたのすけ

Author:うたのすけ
世の中の人は何とも岩清水
澄み濁るをば神ぞ知るらん

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。