スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月風景1

1 ominous lull

目の前の公園の木木の葉はまったく動いていない。それほど暗くもない、均一な曇り空の下、全き静止というのは不気味なものである。

 朝か昼か夕か明らかにしない。カラスの声が時おり、どこからともなく定期的に聞こえてくる。一面単一な薄明かりの空を見つめていると、霧に包まれた湖のような気がする。

 しかし空気は爽やかではない。むしろ蒸し蒸しした―、ちょっと息苦しくさせる大気だ。ひょっとして巨大な人工的な球体に入れられているのかもしれない。きっとそうなのだ。どうして今までそれに気付かなかったのだろう。

 この閉じられた球体の中で、気圧が上げられたり下げられたり調節されている。われわれはきっと大きな飼育器の中に生かされているのだ。その観察者はあまりにも大きくてわれわれの目では捉えることができない。

 いやその観察者から見ると、われわれはあまりにも小さいのかもしれない。ちょうどわれわれが蓮の葉に残った水の球体の中で動き回っている虫を観察するように。

 2

 しとしとしと、しとしと、しとしとしと
 心地よい雨のリズムはどこから来る。
 朽ちた古家の樋。
 錆びたトタン板の穴から明るい空が見える。
 古代人が見たような空が。
 今日はきっとよい獲物に恵まれる、
 祈りはカミに届く。
 藁屋のまん中に
 ごつごつした石で囲まれた神聖な
 中心、そこに揺らめく小さな炎。
 その炎に照らされた顔は、
 みな同じ、こちらを見つめる。
 瞳も口元の皺、おかっぱ頭
 まったく同じ、やおら、
 彼らは踊だす、火の回りを、
 強いリズム、緩やかなリズム、
 シャン、シャン、シャン、
 歌い、叫び、呻き、喘ぎ、
 旋回、跳躍、痙攣、失神―。


 夜が明けた。出発だ。薔薇のような空が心地よい風で送ってくれる、まだ見ぬ土地。

 3

 顔を洗って、口を濯いで、いただきましょう。
 朝はパンと紅茶です。
 青い縞模様のスーツに身を包んで、おっと髪形が崩れていないか、もう一度鏡を見てと。

 電車の中には、いろいろな人が居ます。
 黒いスーツに身を包んだ背の高い30くらいの女性。鼻が高くえらが張っていて、真っ黒な髪の毛を後ろに巻貝のように束ねています。この人は日経新聞に見入っています。

 リュックを背負った40くらいの男、口の周りにひげを蓄えて、じっと一点を見つめています。ぼさぼさ頭のTシャツをぞんざいに着た若者が長い脚を広げて坐って、携帯を器用に右手でぴこぴこしています。50くらいの二人のサラリーマンが、くたびれた表情で窓に見える景色や天上に目をやったりして、ときどきは何かささやき合っています。

 電車はカタコトとリズム正しく音を立てています。時折は、キーと耳をつんざくような大きな音を立てますが、たいていはカタ、コト、カタ、コトです。じつはある時これが、カタンコトン、カタンコトンと聞こえてきて、こちらの方が気に入って、それ以来、カタンコトンと聴くようになってしまっています。

今朝も、カタンコトン、カタンコトンと心の中で歌でも歌うように聴いていると、これが何故か連想的にロッコン、ショウジョウ、ロッコン、ショウジョウとなってきましてね、もうこれから離れられません。六根清浄、六根清浄、面白いでしょう。

 六根清浄って言葉をどこで覚えたか思い出せませんが、とにかく、この言葉を心の中で繰り返しているうちに、電車の中にいる人たちみんなが小声で「六根清浄」を唱えているように聞こえてきて、そう思うと黒スーツの女性も、Tシャツもおじさんらも表向きはあんな姿であるけれど、それは仮の姿であって、じつはみんな解脱しようと頑張って修行しているのだなぁ、ということが判りました。

 電車を降りて、急ぎ足に行交う人々を見ると、もうみな鈍色の衣を身につけた苦行僧のように見えました。

 4

  O.サックス氏の本にあった。

 眼球の疾患で生後間もなく盲目になった人が、50歳になってから眼の手術を受けた。
 彼はそれまで按摩で生計を立て、身の回りのことに何の不自由も感じなかったし、
 野球放送をラジオで聴くことをこよなく愛していた。
 が、周囲の人に勧められて手術を受けた。 

 手術は成功し、眼球の機能は戻った。
 で、彼は物が見えたか?
 案の定、he didn’t look at anything.
 彼の目に映ったのは光と色と動きとの
 無意味なぼんやりした混沌であった。

 この症例から判ること。
 われわれが当たり前だと思っている〈このような世界〉は、
 もともとそのようなものではなく、
 そのように人が創っている、と いうこと。

 5

 こんな曇りの日には
 いつものように言葉遊びをいたしましょ。

 Make haste slowly
 A wise fool
 An ugly beauty
  faultily faultless
  cruel kindness
  quiet noise
  ……
 
 
   

  

  ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

未見太郎さん、こんばんは。御嶽山の噴火というか水蒸気爆発、すごいエネルギーですね。大量の石を吹き飛ばして、その直撃で多くの人が死んだとは、・・・・。
山岳信仰で有名ですが、六根清浄を唱えるんですか。

かすかなる 咳とはいへど 神の山
   石を降らすな ひと多く死す

No title

 すみません、また spelling まちがえてました。
Hello と sound ちゃんと読み返さないと・・・。

この記事から一ヵ月後に噴火災害がおきるなんて!
御嶽山の山岳信仰の信者さん方が唱える 言葉が
この(六根清浄)だそうですね。       合掌

すでに思い出となった8月

淡青さん、Guten Abend!

おお、オーウェルなんて人がいたことをすっかり忘れていました。

そちらの空をいろいろと想像します。 

 しかしこちらはもう、8月の球体ははじけ、透明な空がまた甘い憧れをもって迫ってきます・・・。

小生こそ無精者ですが、誘惑には弱く、またぞろ出発です。

八月も終わり

うたのすけさん、Guten Tag!、

ご無沙汰しておりますが、お元気そうでなによりでございます。


ーひょっとして巨大な人工的な球体に入れられているのかもしれない。。。ー

この感覚はわかります、オーウェルのBigbrother, Wachting You ! の感ありですが、それよりもっと根本的な宇宙感のような気もします。

物と物の間にも同じような宇宙があり、物体が動く時にそこにある宇宙は変化してるのではないかとか、拡大化ではなく細分化のミニマリズムの世界へ時々入っていくことがあり、動くことができなくなるようなことも。。。、

まぁ単なる無精者になってるだけのような気もしますがねっ、笑

これから読んでない記事が溜まってるのでもう少しこちらで時
間を潰させてくださいねっ、v-410




No title

やあ、未見太郎さん、コメントありがとうございます。
sound of silence があんな歌詞だとは知りませんでした。あの歌は、われわれは、どっぷりと現代文明に浸っている不気味さを示唆しているのでしょうか。さらに、小生思いますに、もともとわれわれは、どっぷりと生物としての人間に浸っていると思います。
conversation is conservation!
ゆったりと凪いでください。

No title

うたのすけさま、こんばんわ。

Can you get rid of worldly desires?
六根清浄という言葉 知りませんでした。

今回の記事はなぜか昔見た映画「卒業」の、Hollo darkness...
で始まるThe souud of silence のふしぎな歌詞を想い出させてくれました。
今、私は人生の(ちょっと不気味な凪ぎ)の時期かもしれません。              

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

うたのすけ

Author:うたのすけ
世の中の人は何とも岩清水
澄み濁るをば神ぞ知るらん

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。