スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『紫文要領』 2

光源氏の母である桐壺更衣は強い後見のいない人で、源氏を生んでまもなく他界する。非常に聡明な源氏が7歳に達したとき、帝は高麗の人相見に源氏を占わせる。「光源氏は天皇という最高の位にのぼる相の人ですが、しかしそうなると世が乱れ憂いことになりましょう。しかし政治を補佐する立場の人になるかというと、それもちょっと違います。」と言って高麗人は首をかしげる。それゆえ帝は源氏が政争に巻き込まれることを恐れて、源氏を臣下に下した。

 これが非常に重要な伏線である。いったいこの人相見の予言は何を意味しているのか。源氏は出生においても少年時においても順風満々ではない。しかし、源氏は容姿の点でも芸事においても、知力体力あらゆる点で抜群である。あらゆる「良い点に目をつけること」が物のあはれを知ることの本質である。それゆえいずれ源氏を帝にしなければならないが、・・・

 物のあはれの体現者である光源氏は、当然多くの女性に感動し恋をするが、帝の后である藤壺との密通は最大の罪である。しかし、作者はこれを断罪するのではなく物のあはれの究極と見る。そしてこれこそ必要不可欠の事件なのだ。もちろん藤壺も源氏も罪の意識で悩み仏道に救いを求めるかもしれないが、まさにそのことが物のあはれなのだ。仏道ですらも物のあはれの深化の一助にすぎない。

 この密通で生まれた子が長じて冷泉帝になるのだが、この秘密を知っているのは僧都と王命婦だけである。そして藤壺死後、夜の勤めを終えたこの齢七十過ぎの僧都は冷泉帝と二人きりになった時、その秘密を冷泉帝に語る。

 『薄雲』のこの部分に宣長は固執する。何故老僧都はこの期に及んで秘密を冷泉帝に明かさねばならなかったか。そしてそれを知った驚天動地の冷泉帝。彼は何を悩んだのか。

 宣長の解釈によるとこうなる。僧都は語る、「仏のお告げによってこの秘密を語るのです。いつまでも帝がこれをお知りにならないことが、このところの天変地異や世情の騒然を起こすのです。帝としてのあなたが今あるのは親(源氏と藤壺)のおかげです。それなのに、親である源氏を臣下にして仕えさせておけば天は黙っていないでしょう。」

 それを知った冷泉帝は悶々とする、その事実を知らないで父を臣下として仕えさせてきたことが辛くてならない。そして一旦は帝の位を源氏に譲ろうとするが、このときは、源氏はやんわりと拒否する。

 注目すべき点は、天変地異が源氏と藤壺の密通の罪のゆえと一般に解釈されそうだが、そうではなく、冷泉帝が源氏を臣下においていた故だということ。そして、密通を犯した源氏が非難されるようなことは少しもなく、むしろもっとも深い物の哀れとして肯定され、もしこの秘密を冷泉帝が知らずにいたら帝に天罰がおりるだろうとしていることである。

そこから、源氏は帝の父であるゆえに太上天皇の尊号を与えられることになる。ここにおいて、源氏は最高の禁忌を犯し、かつ最高の地位を得ることに成功する。この綱渡り的な矛盾を生きることによって、源氏は最高の物のあはれを発揮し、これによって初めの高麗人の予言は解決された。

『源氏物語』の作品構成。初めに物のあはれというテーマが式部の頭に鳴る。そして作品の中心にこのテーマを凝集させ、末端に、そこからすべての曲折が有機的に絡み合い、見事な長編小説に仕上げている。式部の手腕おどろくべしと宣長は激賞する。



   

      にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

うたのすけ

Author:うたのすけ
世の中の人は何とも岩清水
澄み濁るをば神ぞ知るらん

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。