スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『石上私淑言』2

   石上小漫談つづき  →  

 うたをどうして和歌って書くようになったのかというと、わが国には神代から〈うた〉を歌っていたのだけど、四、五世紀ごろからかしら、中国から書物がどんどん入ってきて、その中にはとうぜん詩もあったから、それと区別するために、日本の歌をわざわざ倭歌と書いたんだ。

 昔は、むこうの人らは、日本のことを倭(わ)と呼んでいたかもしれないけれど、われわれは〈やまと〉と呼んでいたから、倭歌って書いて、〈やまとうた〉と読んでいたんだ。忘れてはならないことは、倭歌という表記をするようになってから、やまとうたっていう言葉ができたってことなんだな。

 『万葉集』でも、たいていは歌とのみ書いてあるけど、『古今和歌集』は『古今歌集』って表記したらいいのに、もうその時代は、歌のことをなんとなく〈やまとうた〉って言う方がかっこいいと思うようになってしまっていたんだね。序文でも「それやまとうたは人の心をたねとして・・・」なんて紀貫之が書いているね、本当は「それうたは・・・」って書くべきなのにねえ。それにしても外国語が入ってくると、言葉って早く変わるものだね。現代でも、50年前はたんに流行歌と言っていたのが、今はわざわざJをつけてJポップって言うね。そのほうがカッコいいと思うのと同じだね。

 ところで、倭の字がいつのまにか和になったのはどうしてかって? どうもそれがはっきりしないんだな。いろいろ文献にあたって考えてみるに、おそらく孝謙天皇の御時、天平勝宝4年(752年…この年はまた大仏開眼供養の年でもあるね)11月~天平宝字2年2月らしいのだ。これは、国号として大倭国(おおやまと)を大和国と表記するよう詔命が出されたらしく、その後に、和歌という表記が一般的になったらしい。もちろんそれまでも、倭と書くべきところを和と書かれている物もあるが、極めて単発的で書き間違いとしか言いようがない。とても大事なことだけど、昔はコトバは音であって、文字は仮字だって感覚がまだ強かったことだ。

 ついでにいえば、日本という国号は、大化の改新で有名な孝徳天皇の御代に始まったんだ。それまではわが国では大八州(おおやしま)、対外的には中国がそう呼んだように倭の字をもちいていたんだね。

 いくら注意しても注意し過ぎることがないのは、たとえば『日本書紀』にこの様に書かれているからといって、はるか昔のことを文字通り(!)捉えてはいけないってこと、つまり『日本書紀』は720年当時のインテリが、その当時の漢文で(その字義で)書いているってことなんだ。

 もちろんそのことは学問には大いに役立ってきたけれど、歌には直接関係がないね。歌は歌うことに、5音7音のリズムで、音を引きのばしたり、抑揚をつけたりして、ふかく物のあはれをうったえることだからね。この歌があることのゆえに、わが国はすぐれた国なのだ。

 この、物のあはれって、中国でも昔は人のこころ素直で感じやすく、『詩経』にも、そのことがうかがえるけれど、早くからやたら頭ばかりが発達して、理屈っぽくなったり、立派な男らしいことがいいという風潮に染まって、物のあはれが消えてしまった。さすが孔子様はそのことがよく解っていて憂いていたよ。

 わが国も、書物が入ってきて以来、中国のようにどんどん悪くなっていって、奈良時代はもう終わっているよ。しかし、ここに歌があった。これによってわが国は救われたのだね。このことはどんなに強調してもしすぎることはない。

 歌には、あの国のような理屈っぽい難しそうなコトバは相応しくない。そのようなコトバが歌に入ると汚くなる。歌は聴いていて美しくなければならない。わが国の人々の心がどうしてなつかしく穏やかで素直なのかというと、そいういう歌の伝統が神代の昔から続いているから、わが国はカミの国って言うのよ。

 いまにして、かの国人は日本人がなぜかくも礼儀正しいか驚いているけれど、それはわが国には二千年もの歌の伝統があったからよ。物のあはれが分かるとは他人の気持ちが分かることでもあるからね。いくら力や制度で人々を規制しようとしても、それは無理な話で、汚い言葉や利己的な行為はいくらでもそのほころびから出てくるものだね。

 もちろん、日本人も外国の書物でかなり汚染されてしまったけれど、歌の伝統によって長く培われた心はなお幾分か残っているようだね。よかったね。

 うたのちから、あなかしこ、あなかしこ



      にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村   
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

うたのすけ

Author:うたのすけ
世の中の人は何とも岩清水
澄み濁るをば神ぞ知るらん

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。