スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

休職?

 12月25日が仕事の最後の日であった。事実上の退職なのだが、なぜか休職扱いとなった。また来年ひょっとすると仕事に復帰できる可能性が無きにしも非ずという、ボスの心遣いからであろうか。それにしてもいただいた立派な花束は、どう考えても退職を記念するものだ。

 こちらとしては来月の前半ならまだ手伝えるのだが、たしかにそれだけで辞めるのなら、今年いっぱいで辞めた方が事務的な処理は簡単であろうと思われる。

 25日、小生も気持ちとしてはもうここで仕事をすることはあるまいと思い、自分用の小さな引き出しの中身を全部捨て、ほかの私物も整理し、最後にネームプレートから名前を書いた紙を出し、シュレッダーにかけた時は、さすがに胸に迫るものがあった。

 ここでの22年の今に続く実感がふっと切られ、一挙にもう手の届くことがない〈思い出〉になってしまったという感じ。自分は透明人間になって、しかもその瞬間まだ自分がここに、いつものメンバーが共有している空間に、まだ居るという違和感。きっと自分の葬式において、棺桶に入った自分に意識があるとしたら、そんな感じだろう。

 しかし、その瞬間が過ぎたら、仲間とよしなしごとを言い笑いあえば、いつもの日常が蘇り、ふだんと同じように、「お先に」と言って車に向かう。しかし、車の中では「これが最後なんだな」と自問自答する。

 しばらく入院して休んでいたせいか、家に居ても、もうこれが普通のように感じられる。仕事からの緊張からは解放されたが、他の義務がホッとさせてくれない。これが自分に与えられた宿命だと観念する。


     

     ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

うたのすけ

Author:うたのすけ
世の中の人は何とも岩清水
澄み濁るをば神ぞ知るらん

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。