スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

惜春

今年はわが家の梅がよくない。上の3分の1に花がない。なぜか解らないが、昨夏の降水量が少なかったのか。大きくなった割に栄養不足だったのか。いろいろ想像する。しかし、よくないと言わず、これが今年のこの梅の姿で、これはこれでよしと前向きに考えよう。

   このたびは 花を減らして 粋に立つ

   H.27梅


数日前から散り始め、霰や雨で流され、さらに二日前の強風によって、あはれ花びら空に舞う。


   散りそめし梅のかをりもこれまでと
      胸いっぱいに深く吸い込む


  惜しいかなめじろひよどりはとも来て
      残り少なき花を散らすも


  ゆく春のゆふぐれ時の梅の花
      散り敷く庭の白のさやけさ


  幾春のよろこびくれし老いの木に
      今宵感謝の宴をなさむ


  花散りて闇は広ごりわが庭に
      またふたたびの春やくるかも




        


        にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

うたのすけ

Author:うたのすけ
世の中の人は何とも岩清水
澄み濁るをば神ぞ知るらん

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。