スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

市ヶ谷駅からの眺め

先日上京したときの話。市ヶ谷駅で電車を待ちながら釣堀などを見ていて、ふと思った。中央線沿いのこの池は昔江戸城の外堀だったんだろう。今は無用の長物か・・・いや一部釣堀に利用されているし、他にも何かに利用されているかもしれない。少なくとも池として多少目に快い。

昔は、外的から城を守るために大いに役立ったのではあるまいか。徳川家康の防備は念には念を入れて、国内秩序を維持するためには、ほぼ完璧だった。街道、関所、城の配置、参勤交代、儒教精神による言挙げの制限、厳格な取り締まり。

いまや議会制民主主義国家。みんな平等。万民が選挙によって議員を選ぶ。インターネットで言いたい放題。お堀も無用の長物。

それで、世界の国どうしもそうなれば、防備も要らなくなるんだろうな。全世界の国々が平等の権利を持ち世界議会で様々な政策を決める。しかし、暴力主義者や麻原氏のようなキ人が必ず存在するから国際警察は絶対に必要だが。

ところで、今の国連はどうであろう。それは第二次大戦後の戦勝国5カ国が他の190何カ国を支配する不平等条約機構ではないか。この不平等に対して190何カ国はどうして言挙げしないの。

でも、人は言うかもしれない、ミャンマーやソマリヤや北朝鮮のような国(失礼)とわが国と同じ一票なんてイアだわ、って。
・・・人間なんてみな勝手なことをいうものだな・・・




人気ブログランキングへ                                                      
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 文明・文化&思想 - ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

うたのすけ

Author:うたのすけ
世の中の人は何とも岩清水
澄み濁るをば神ぞ知るらん

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。