スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マインドコントロールの効用 3

平和時といえば、小生には思い当たることがある。それは、小学校の時だったか、何かの授業で、先生が「命は地球よりも重い」とおっしゃっていたことだ。そして、教科書だったかパンフレットだったか思い出せないが、絵が描いてあって、それは天秤の両端に地球と人と乗せてあって、もちろん人の方が下になっていて「命は地球よりも重い」と書いてあった。つまり、われわれはあの時代、何よりも命が大事であると教育=マインドコントロールされたのだった。 
しかし、それは理想であって現実には実践されていない。本当に何よりも命が大事なら、今すぐ自動車を廃止しなければならない。日本では車による事故死が一年何千人とある。しかし、ドライヴの快適さ、運搬の便利さの前では人の命など軽い。 

 だが「命が一番大事」というコントロールがかなり実践されているところがある。それは病院と老人福祉施設だ。ここでは、いかなる心身の苦しみをもっていようとも、殺されることはない。出来うる限り生かされる。小生が見た老人福祉施設では、多くの人が多かれ少なかれボケをきたし、そのため諍い、いじめなどが頻発し、身体の自由も利かず、あちこちの痛みに昼夜を問わず苛まされ、身の回りのことが出来ず、むりやりオムツをはかされ、それこそ味噌も糞も一緒、阿鼻叫喚の巷と化している・・・・それでも、「命が一番」と生きながらえるよう介護される。

 こういう状況を見ていると小生はどうして命が一番かよくわからない。過ぎ去ってみれば、人生はあっという間ではないのか。十年長く生きたってそれが何だろう、と思うことがよくある。

 もう一度、特攻兵士のことを思う。あんな若い人達をむざむざ殺したのはけしからん、と言う人の気持ちも判らんでもない。彼らはまだこれからいろいろな経験をできるはずであったのに。しかし、翻って思うに、彼らこそ、貴重な稀有な経験が出来たのである。祖国のためにわが身を捧げるのは、たとえ戦争が誤解から生じ、また敵兵を殺すことになろうとも、非常に尊い行為だと感じる。それは、千万言の人命尊重や世界平和よりも、ずっと積極的な愛に道を通じていると感じる。
 (続く・・・)
 
                                       人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 哲学/倫理学 - ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

うたのすけ

Author:うたのすけ
世の中の人は何とも岩清水
澄み濁るをば神ぞ知るらん

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。