スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHK「日米開戦を語る 海軍は・・」

 この番組はこの夏に放映された元海軍400時間の証言なる番組のダイジェスト版であったが、これを見ていて、怒りと涙がこみ上げてきて、どうしようもなかった。山ほど感じたことがあって、いちいち整理することができない。

 しかし、とにかくこの番組を見ていて、戸・澤地・半藤各氏の発言を聞いていて、日本人は変わらないと感じた。彼らの指摘する海軍という組織の硬直性、大局を見ず己の部署のみがよければいいという感覚、多様な意見に耳を傾けない傲慢さなどは、今の日本のあり様そのものではないのか。性格は変えられないものである。

 過去の反省というものを小生が嫌うのは、過去を反省することが現在の自分から目をそらす隠れ蓑になるからだ。日本人は現在の内省が苦手である代わりに、過去の反省が好きだ。あの時ああしたのがいけなかったと言う。それは科学技術や日々の生活の工夫などには役に立つことであろうし、むしろ必須の態度ではある。しかし人間(民族や個人)の心については百害しかもたらさない。性格は変えられないものである。

 例えば、わが国は生きる根幹たる憲法を外国人に創ってもらって、内容はともかくそれはおかしいと感じつつも、放ったらかしにしてもう六十年以上経っているが、誰も自国の憲法は自国民でという声が表に出ない。また、自衛隊の問題では、自衛隊は誰が見ても立派な軍隊であるのに、軍隊ではないと誤魔化し続けている。外国から見ると、モーレツにけったいな国に見えるであろう。なんで、日本人はこんないい加減な状態を続けておれるのか、それこそこの番組で御三人の指摘する〈多様な意見に耳を傾けない硬直性〉のなせる技であろう。

 いつの日か時代が変わって、今の日本について人は言うであろう、何であの時代の日本人はあんな誤魔化しを平気で続けていたのだろう、と。そう〈反省〉して、やはりまた新しい硬直化に陥っていることであろう。

 ついでに言えば、日本人は欧米人のように、うんと悪いこともできないが、うんといいこともできない。もちろんいいこととは宗教的な意味の善である。それは己のうちにおける絶えざる自己欺瞞の追求だ。これはキリスト教の罪の概念であり、それにはどうしても絶対的な神が必要なのである。

 われわれは今、日本人にはもともと和の心がある、おおらかである、八百万の神々がいる、などと、安らかな寝言のようなことを言う。しかし、小生が思うに、それは平和時においてはいい、まあ仲間内では少々の喧嘩をしたぐらいでは、それで解決するがいい。しかし国際間では、厳しい生存競争の場面では、その言は愚にもつかぬおまじないにすぎない。
 われわれはもはや明治維新以来〈智慧の木の実〉を食べたのだ。どう考えてもそれは確実であって、わが国にも弁護士の数が増えつつある実態はどうしようもない。

 もちろん、小生も生粋の日本人であり、なぜか知らんが天皇への崇敬の思いは人一倍あるし、小生の座右の銘は宣長の「すべて神の道は善悪是非をこちたくさだせる様なる理屈はつゆばかりもなく、だだ豊かにおほらかにみやびたるものにて、歌のおもむきぞよくこれにかなへりける」である。

 だから、なんとかこの日本の国柄のいいところはそのままに、そして欧米のしっかりした根底(おそらくキリスト教精神の根底)を取り入れていくことはできないものか、と考える。まったく水と油のように混じりあうことができないような、二つの原理。難しいか。


                  人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 文明・文化&思想 - ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

神道とキリスト教

なでしこさん。そう言っていただくと心強いばかりです。
小生もなんとなくそう感じるときがあります。
日本人の〈まことの道〉〈素直なる心〉はキリスト教の教えのもっとも根本と同じではないかと。ただ、それが時の経過とともに組織化され文明が栄え、たいへん違ったように一見みえます。さらにこのあたりを考えたいと思います。

日本の神道は、キリスト教的では?

こんにちは、はじめまして!なでしこ☆と申します。

日本人は、精神の中にキリスト教が説いている教義を
どの国の民族よりも理解できる民族だと思います。
日本人の意識とは別に、キリスト教を理解する能力を持っていると
直感的に感じます。
しかし、それは、あくまで「神道的な概念」を大切にした昔の日本人に
だけ限られているかもしれません。
これは私個人の意見ですが、
神道は、あらゆる宗教の土台になる要素があるのではないかと感じます。

No title

Guinevereさん、kontaさんのご指摘もっともだと思います。

No title

戦後このやり方でうまくいっていたので、なかなか変わらないでしょう。外国に占領されるか、北朝鮮、ジンバブエみたいに国家経済が破たんすれば別でしょうが。こにかく今は、従来のやり方では通用しないことはわかっているが、どうすれば良いかわからずにうろうろしている所です。民主党政権におけるドタバタがまさにそれです。

No title

やはり一部の保守層以外の言論は、日本がどこで間違えたか、という論調が多いと思います。
前提として、戦前の日本=悪みたいな考えが充満しているのが現実なのではないでしょうか。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

うたのすけ

Author:うたのすけ
世の中の人は何とも岩清水
澄み濁るをば神ぞ知るらん

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。