スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベルツの日記 上 2

明治という時代。
それは、西欧列強に結ばされた不平等条約を、いかに平等にするかに全エネルギーを費やした時代であったといっても過言ではない。

明治21年、大日本帝国憲法発布の前年、12月19日のベルツの日記:

「条約改正。最近まで当地に滞在していた『ベル・メル』その他2、3のフランスの新聞報道員ノルマンは奇妙にも日本政府から特別待遇をうけていた。日本側は彼をあらゆる希望や苦情のはけ口として利用し、まだ秘密に属する条約交渉の全部をきわどい詳細に至るまで、ことごとくかれに漏らしたのであるが、今これを彼は世界中にぶちまけている」

当時のわが国の状況がよく分かる。

そしてともかくも憲法が創られ、議会が開催された。が、代議士の多くは議会というものがどのようなことなのか解らなかった。どこかで読んだことがあるけれど、野次の嵐、馬糞を投げる者もいたそうな。

憲法発布の祝いは大そうなものであったが、「(一般は)だれも憲法の内容をご存じないのは、こっけいだ」とベルツも書いている。


テーマ : 歴史 - ジャンル : 学問・文化・芸術

ベルツの日記 上

嘉仁皇太子(後の大正天皇)のことを調べるつもりで手にとった本。しかし、そのことよりもベルツという西欧の教養人の目を通して見られた、日本の政治・軍事・文化・生活などがじつに面白い。

ドイツの医師ベルツは明治9年来日し、38年帰独するまで、30年近くにわたって、(その間4回ほど日本を離れているが)西欧近代医学を日本に導入した。極東に位置する日本という国家が急激に近代化する過程を、伊藤博文ら政治の要人たちや、諸外国の外交官たち、そしてその家族たちとも親しく交わりながら、肌で感じたままが書れている。

たいていの教養ある西欧人として、まずベルツは、多くの日本人が自国の過去の文化を恥じ、これを捨て、西欧から入ってきた文化を何でもいいものだとして真似ようとする傾向を、残念に感じている。
また、ベルツは人間の美に非常に敏感であるのが特徴だ。特に女性の、髪型や服装などのみならず、立ち居振る舞い、ちょっとした顔の陰影などに、いくども感動している。
ベルツは、日本の女性と結婚した。彼女の名はハナといい、彼女のストイックな態度や優しさに感動している。

また、愛国心に富んだ彼は、極東にいて、祖国ドイツを絶えず気にかけ、歯に衣着せず祖国のあり方を執拗に論じている。明治38年当時、ドイツの政策等がいかに反独感情を起こさせているか警告し、祖国の新聞に投稿しているが、当時のドイツの新聞はそれを取り上げなかった。

なお、明治36年、日露戦争2年前に、韓国インドシナに旅行に行っているときの日記から、次の文を抜粋しておく。当時の常識がどのようなものであったかがよく判る。
「朝鮮人は、自体お人好しの国民であるが、無気力の宮廷と、全く泥棒のような役人たちに支配されて、半ば滅亡状態にある。かれらに必要なものは、健全な政府である。おそらく国民にとって一番よいのは、日本がこの国をそのまま引き受けることではないだろうか。活動的な日本人が手本になって、刺激を与えてくれるに相違なく、一方ロシア人は決してこの国を同化せず、単に政治的の前衛拠点と見なすだけだろう。」

テーマ : 最近読んだ本 - ジャンル : 本・雑誌

シュリーマン旅行記 清国・日本

シュリーマンは、周知のごとく、語学の天才であり、幼い頃聞かせられた古代の物語を事実として信じ、トロイの遺跡などを発見したことで有名だ。
この『旅行記』を読むと、さらにその上、彼はまれに見る体力の持ち主であり、実にいろいろなことに対して強烈な好奇心にあふれていた人物であったことがよく分かる。
この『旅行記』から、わが国の幕末当時の様子が見える。夏は肉体労働者は、ふんどし一丁であったこと、そしてみな見事な絵の刺青をしていた。へアースアイルは芸術である。銭湯では、老若男女が何のわだかまりもなく混浴していた、その自然児のごとき心の清らかさ。
日本人は、賄賂を嫌い、お金で動くよりは切腹するほど潔白であった。中国の街の汚さとは対比的に日本の街や家の美しさを褒め称えている。また家には余分な家具などなく、融通無碍の合理性に感動している。また日本人はみな読み書きが出来るほど文明化されている。
また、西洋では娼婦は卑しく哀れむべき職業であるが、日本では「おいらん」は尊い職業であるのに驚愕している。

しかし、〈心の最も高邁な憧憬と知性の最も高貴な理解力をかきたてるために、また迷信を打破し、寛容の精神を植えつけるために、宗教の中にある最も重要なことを広め、定着させることを意味する〉文明が日本にはない、と言う。
これは徳川幕藩体制には言論の自由が認められない、ということなのだ。翻って、徳川260年にわたる秩序維持の堅牢さを思う。また、浅草観音の界隈においては、雑多な娯楽が真面目な宗教心と調和するとは信じられないと。
キリスト教の、神ー唯一の超越神に対する人間の敬虔な態度を思う。キリスト教精神で育った人から見れば、日本人は、打算的で合理的で生き生きとした無邪気な美しい自然人に見えたのだろう。


人気ブログランキングへ

テーマ : 最近読んだ本 - ジャンル : 本・雑誌

尾崎紅葉

尾崎紅葉著『多情多恨』を読んだ。
初めのころは、つまらない小説だなと思いながら、睡眠薬代わりにベッドでたらたら読んでいた。
なにしろ、主人公は妻が亡くなってから、人前でも泣いてばかりいる。人付き合いを好まず、自分の思い込みの回路から脱出できず、まあ自閉症ですな。
そして、友人の妻が気に入ってくると、今度はその情念のとりこになる・・・ここで筋がゆっくりと動く。と同時に作者の筆は、人物の内面および外面の微妙なところまで、丹念に平明に描きだす。・・・
・・・・で結局、最後まで読まされた。
源氏物語風といえば、オーバーであろうか。ともあれ、やっぱり文章が魅力的だったのだろうと思う。


テーマ : 読書記録 - ジャンル : 小説・文学

岡倉天心

岡倉天心の『日本の目覚め』を読んだ。そして目が覚めた、あの時代によくぞここまでグローバルに見えていたとは!

日本の目覚め(明治維新)はペリーがもたらしたものではない、真の原因は日本自身の内にあった、と言う。もちろん維新が突然なったとは、思っていなかったけれど、小生は、どうしてあの維新の若者たちがいっせいに出現したのか、不思議には思っていたが、よく考えていなかった・・・。

天心は言う、江戸期に三つの大きな思想の流れが出来てきたと。一つは徂徠に代表される古典学。ここでは儒学道徳の純化が行われ、二つ目に藤樹らの陽明学。ここでは、知行一致、すなわち行動なき単なる知は無意味であるとして、人を行動に駆り立てる。第三に、宣長を代表とする国学。ここでわが国の精神の本流として神道が復活する。
この三つの思想の流れが合流して、維新のエネルギーが爆発した。

ついでに、引用を。-
「(西欧の)産業主義の実利性、物質的進歩のせわしなさは、芸術にとって有害である。競争の仕組みは生活の多様性の代わりに、流行の単調さを押し付ける。美しさの代わりにやすいことが尊ばれる・・。」

「(日露戦争では)われわれは祖国のためにのみ戦ったのではない、維新の理想のため、高貴な古典文化の遺産のため、全アジアの輝かしい再生の夢見た平和と融和の理想のために、戦ったのである」

「悲しいことに、われわれが真に頼むことが出来る友は、今なお剣である。西欧が見せるこの奇妙な組み合わせー病院と魚雷、キリスト教宣教師と帝国主義、膨大な軍備と平和の維持、-これらは何を意味しているか?このような矛盾は東洋の古代文明にはなかった。」

これは1904年(明治34年)に書かれた(英語で)ものである。


テーマ : 日本文化 - ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

うたのすけ

Author:うたのすけ
世の中の人は何とも岩清水
澄み濁るをば神ぞ知るらん

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。